100億の男



ストーリー
ある日突然、「あなたには100億円の借金がある」と言われたら…?バブル崩壊直後。投資の失敗で母が作った借金を背負い込んだ富沢琢矢。なんとその額100億円!債権者は財界の大物・久我山天善だった。琢矢は天善に、「自分の人生を100億で買ってくれ」と申し出る。しかし、「お前の人生に100億の価値はないから、死ぬまで働いて金を返し続けろ」と跳ね返されて……!? 連続TVドラマ化もされた、国友やすゆきのジェットコースター経済コミックの決定版!!

TOPページ(一般コミック向け)

対応デバイス-スマートフォン

対応OS - iOS,Android

対応キャリア - docomo,au,SoftBank,その他


qr